リラックスタイム~なぜ効くのか?~

なぜ鍼が効くのか?

1.内因性鎮痛機構の活性化
鍼をすることでエンドルフィンやエンケファリンといった物質が脳から分泌されますそれらは体内でモルヒネと似たような働きをする物質で、モルヒネの数倍の鎮痛効果がありと言われています。


2.下行性痛覚抑制系の活性化
鍼をすることで、痛みの伝達を抑制する仕組みの「下行性痛覚抑制系」が活性化されます。痛みの情報が遮断されることで痛みを緩和したり、痛覚閾値の上昇などといった痛みを感じにくくする働きがあります。

 

3.血液循環の改善
鍼をすることで筋血管が拡張して筋血流が改善します。血行が良くなることで筋肉の緊張が緩み、発痛物質や老廃物が新鮮な血液とともに流れていきます。

 

4.自律神経系、内分泌系(ホルモン)、免疫系の調整
交感神経と副交感神経、内分泌、免疫のバランスを整えることで、身体が理想的な状態に保たれます。鍼治療は、本来人間が持っている自然治癒力を高め、自らの力で回復するのをお手伝いする治療法です。世界保健機構(WHO)でも”副作用のない安全な”治療として、鍼灸治療の効果が正式に認められています。薬品などは一切使わないので、副作用の心配をせずにうけることができます。

投稿日:2020/08/16   投稿者:-