FP3級 正誤問題に挑戦!

正誤問題

2ファイナンシャル・プランナーが顧客と

投資顧問契約を締結した場合、その契約に基づいて

投資助言等を行うのであれば、金融商品取引業者

としての登録を受ける必要はない。

 

 

答え ✕

【解説】

ファイナンシャル・プランナーが顧客に対して

資産運用に対する具体的な投資助言や代理業務等

を行う場合、金融商品取引業者として

内閣総理大臣の登録を受けなければなりません。

投稿日:2020/12/10   投稿者:-